1. HOME
  2. ブログ
  3. その他
  4. 外壁のメンテナンスにコーキングがおすすめな理由は?|コーキングの劣化を放置するリスクも解説します

BLOG

ブログ

その他

外壁のメンテナンスにコーキングがおすすめな理由は?|コーキングの劣化を放置するリスクも解説します

住宅

家の外壁は住まいの印象や環境に大きな影響を及ぼします。外壁が劣化すると見た目が悪くなるだけでなく、家の寿命も短くなるリスクがあるからです。

この記事では、外壁のメンテナンスにコーキングがおすすめな理由を詳しく解説しています。

コーキングの劣化を放置するリスクもご紹介していますので、外壁のリフォームを検討している人はぜひ読んでみてください。

コーキングの劣化を放置するリスク

コーキング

コーキングとは、簡単にいうと外壁や屋根などのすき間を埋める詰め物のことです。

ショックの緩和剤にもなっており、衝撃を吸収する役割があります。

現在よく使われているサイディングやALCといった外壁素材には、すべてコーキング工事が施されているのです。

コーキングの劣化を放置するとひび割れなどが発生し、雨水の侵入などのトラブルにつながります。

コーキングの劣化を放置すると家の寿命が短くなるリスクがあるので、適切なメンテナンスが大切です。

外壁のメンテナンスにコーキングがおすすめな理由

ポイント

サイディングやALCの交換は大規模な工事となるため、塗り直しなどよりも費用がかかってしまいます。

いっぽう、コーキングの打ち替えならリフォームにかかるコストをぐっと抑えることが可能です。

家を長持ちさせたいなら、定期的なコーキングの打ち替えで外壁を守ってあげることをおすすめします。

弊社には、それぞれの外壁素材に最適なメンテナンスをご提案できる「家のエキスパート」が揃っております。

お住まいに関するお悩みはぜひ株式会社三ツ星までご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事